お散歩もりの

表彰台に立ってみたいという夢を追いかけて、オートバイ初心者があれこれするドキュメンタリーブログです。その他、観光情報や日常雑記も発信しています。

お散歩もりの

もうすぐ一年になります

モトラジオの方でもお話したのですが、二輪の初心者運転期間がもうすぐ終わります。早いような短いような、この一年は激動、色々なことがありました。自分がまさかオートバイに乗ることになろうとは、夢にも思っていませんでした。バイクに出会えて良かったと、心から思えるぼくは今、とても幸せなのだと実感しています。特別、これといった趣味のなかったぼくは、街の図書館に行くのが好きでした。借りては読み、返しては借り、あの独特の匂いや静けさが合っていたのだと思います。そう、歩くことも好きで、暇を見つけてはウォーキングに出かけていました。緑いっぱいの森の中を歩いていると、自分の嫌な部分がぽろぽろと零れ落ちるような、不思議な感覚になりました。そうして見上げた空には、いつも似たような雲があって、ぼくはそれに向かって手を伸ばすのだけど、どうせあの雲は掴めはしないのだと、いつもグーを握って下ろすのです。大変お恥ずかしいのですが、自分はそういう、当たり障りのない人間でした。故に、二輪免許を取得するというのは、それはもう一大決心でした。何かをやろうと思っても、なかなか行動に移せなかったぼくが、今現在、様々なことにチャレンジしています。そのどれもがこの歳になって始めたことです。オートバイというきっかけは、ぼくの人生を豊かにしてくれました。こんなにも自分が変わることができたのはきっと、初めて公道を走ったあの日、僭越ながら「世界は、ぼくのものだ」と感じたからなのです。

 

あれから一年。

日々の一切に感謝しています。