お散歩もりの

表彰台に立ってみたいという夢を追いかけて、オートバイ初心者があれこれするドキュメンタリーブログです。その他、観光情報や日常雑記も発信しています。

お散歩もりの

プラネタリウムとオートバイと子供

第8回目のラジオ配信になりました。今回の録音は外がどしゃ降りで、雨音が入っています。聞き苦しい部分もあるとは思いますが、どうぞ温かい目でよろしくお願いします。もりの独り言ではプラネタリウムについて話しています。もし、プラネタリウムが近くに建設されたら、結構な頻度で入り浸ってそうです。「星のふる里」は島根県の日原という場所の名称です。にちはら天文台、星と森の科学館など、多くの施設がありますので、近くを通ったらぜひ寄ってみてください。

 

モトラジオはオートバイと子供というテーマでした。子供はいつの時代も無邪気で可愛いですね。全ての横断歩道に信号機が設置される世界を希望しています。仮面ライダーBLACKを思い出して、とても懐かしくなりました。平成ライダーはみんな格好良くて好きですが、一番好きなのは仮面ライダーキバです。ウェイクアップ!

 

 

【2021年3月28日 放送内容】

皆さん、こんばんは。森野いぶきです。いつの間にやら第8回目のラジオ配信となります。もう、すぐに4月ですね。早いもので年度末。なにかと忙しい時期になっていますがこのラジオでのんびりとした時間をね、過ごしていただけたらと思っています。今回のテーマは前半と後半で分けてるんだけど、前半は「プラネタリウム」っていうテーマで、後半は「オートバイと子供」というテーマでお話するよ。それでは、もりの独り言。はじまるよ。

 

はい。はじまりました、もりの独り言。今回はプラネタリウムというテーマです。昔ね「子供会」ってあったよね。近辺の子供たちと保護者と一緒に遊びに行くっていうイベント。それでプラネタリウムに連れて行ってもらったことがあるのね。でも、プラネタリウムって、なんかあんまりパッしないじゃない。子供だったらさ、遊園地がいいとか、他にも動物園とかね、水族館がいいとか、なんでプラネタリウムなのかなって子供は思うよね。で、全然期待せずにみんなでバスに乗って行ったんだけど、ついて中に入って、ちょっと背もたれて、うつらうつらしながら待ってたら、たしか上映がね、夕焼けからスタートしたんだけど、星が出る前の真っ赤な感じがすっごく綺麗で、ぽかんと口を開けて見てました。その時のね、お姉さんの声がすごく素敵で天使みたいな感じだったかな。こう、夜空を案内してくれるんだけど、本当になんていうんだろ、この世のものとは思えない感じで、ああ、僕は今、宇宙にいるんだって、そんな気分にさせてもらった記憶があります。それはそうと、そのうち一眼レフで夜空を撮ってみたいなっていう野望があります。ここは田舎で森の中だし、空気だけはすごく澄んでるからね。天然のプラネタリウムって意味では結構楽しめている。でも、あの星空って何億年前の光の集まりなんだよね。そう考えると、悩んでいたことがすごく小さなことに思えてくるから、星空っていうのは癒やしだよね。これからどんどん技術が進歩していって「宇宙から見るプラネタリウム」なんていうのができるまでは生きていたいなって思いました。

 

CMは「きんちゃんねる」のきんさんでした。きんさんはね、とにかく器用です。メンテからカスタムまで全部自分でされてます。動画説明欄にリンクを貼っていますので
ぜひぜひ遊びに行ってみて下さい! きんさん、ありがとうございました。それでは後半になります。モトラジオ、始まるよ。ぶるんぶるん。

 

今回のモトラジオは「オートバイと子供」というテーマなんだけど、皆さん、バイクに乗っていて子供から手を振られたという経験が一度はあると思います。あの瞬間って自分が仮面ライダーになった気分にならないですか? ぼくだけかな。その世代によって、どのライダーか違うと思うんだけど、全員バイクに乗ってるよね。ぼくの子供の頃のライダーはブラックなんですけど、皆さんはどのライダーでしたか? この前ね。通勤の帰り道に、横断歩道にさしかかったら、小学生くらいの男の子達が横断歩道を渡ろうとしてて、当然バイクは手前で止まるじゃないですか。そしたら、なんかね、その男の子の一人がいけいけって、手で合図を出してくるのね。いや、でもいけいけって言われても行ったらアウトだよね。だから、ぼくもどうぞどうぞって手で合図を出してるんだけど、なかなかこうお互いにいけいけってやってて、埒が明かなかったのね。で、一人の男の子が何を思ったか、いや、すごくわかりにくい説明かもしれないんだけど、空母のカタパルトから射出される戦闘機の下らへんで、片足をついて「GOGO!!」って指を指してる人のポーズってわかるかな。あれを子供がやってて、それがトップガンそのままに見えちゃったので発進しちゃったんだよね。これはもうスクランブルだと。っていうお話なんだけど。ああいう場合って、皆さんどうしてますか? 子供たちに限らず、おいちゃんとかでもよく、ほら、横断歩道でいけいけって行かせてくれることあるよね。でも、もし警察に見られたら一発アウトなんだよね。かといって、行かないと空気読めない人になるじゃない? だからもう横断歩道には全部、信号機をつけてほしいかな。ぼくの希望だけどね。その方がこういう譲り合いにならずに、お互い安全に進行できるんじゃないかなと思ってるかな。お金がいっぱいかかるんだろうけど、それはね税金から出してもらって、たとえ税率が上がったとしても、道路とか信号機とか普段の交通に関することなら率先して協力したくなるから。今回はそんな譲り合いのお話でした。それではお時間となりましたので、今回はこの辺で。最後まで聞いてくれてありがとうございます。お相手は森野いぶきでした。じゃあね。