お散歩もりの

表彰台に立ってみたいという夢を追いかけて、オートバイ初心者があれこれするドキュメンタリーブログです。その他、観光情報や日常雑記も発信しています。

お散歩もりの

バイクを積むトランポが納車されました


農道のポルシェこと、6代目サンバーディアスワゴン(TA-TW2)が納車されました。SUBARU製のSAMBARは、2012年の2月で生産終了しています(7代目からダイハツ製になります)。この記事では自分なりの納車レビューを書いていきます。

 

 

  

外観について

どこか懐かしいノスタルジーな外観です。やわらかく個性的な顔は見る者を優しい気持ちにさせてくれます。初めて会社に乗っていた時に「どこぞのおじいちゃんが乗ってるのかと思った」と言われるくらいにレトロな車です。このサンバーは中期型でナンバーの位置が下側のタイプになります。ライトはハロゲンです。リアが可愛らしく特に気に入っています。

 

 

内装について

4人乗りです。豪華なものは一切ありません。一応、ABS、キーレス、リアヒーター、パワーステアリング、エアバッグ、パワーウインドウ、ETC、CD、後部座席リクライニングくらいはついています。前のオーナーがタバコ吸いだったみたいで、エアコンをつけると若干煙草の匂いがします。冬場はリアヒーターが仕事をしてくれそうです。リアシートをたたむと快適空間が広がります。ハイルーフなので中型だけではなく、大型バイクも縦積みできそうです。バイク用トランポとして何一つ文句はありません。ドレスアップやカスタムも自由度がありそうでこれからが楽しみです。車中泊やキャンプなども活躍してくれそうですね。

 

 

走行について

駆動方式はRR(リアエンジン・リアドライブ)。リアルタイム4WDでミッションはAT3です。運転席からの視界が広く、短いホイルベースで小回りもききます。さすがは働く車です。しかし、坂道や高速になるとエンジンが物凄い音に変化します。そしてその割にはスピードが全然出ないのです。特に坂道はエアコンを切らないと全くのぼってくれません。何故オートマにしたかと言うと、バイクのサーキット走行で心身ともにぼろぼろになった時を考え、オートマなら自分で運転して帰れるだろうという判断でATを選んでしまったのです。これからサンバーを買う人に3ATはオススメしません。5MTのスーパーチャージャー付きが良いと思います。燃費は通勤時で15km/Lくらいでしょうか。後、荷物を積めば積む程、走行が安定します(不思議ですね)。

 

 

買ってよかった?

もちろんです。いつもバイクを整備してもらっている「ホンダショップ泉」さんで購入したのですが、お値段控えめで僕の希望価格より少し安いくらいでした。運転席のシート交換、車検2年、冬用タイヤまでつけていただいて至れり尽くせりです。スバル製のサンバー6代目がどうしても欲しかったので、納車されてからは毎日が薔薇色です。八代亜紀さんの曲を聴きながら快適な通勤をしています。走行距離40万kmを目指して大事に乗ろうと思っています。主にオートバイの方にお金をかけていきたいので、維持費が安いのはとても助かりました。これからこの軽トランポで色々なサーキットへお出かけしようと思います。では、皆さんご一緒に!「1.2.3.バー!」

 

スバル サンバー TA-TW2