お散歩もりの

表彰台に立ってみたいという夢を追いかけて、オートバイ初心者があれこれするドキュメンタリーブログです。その他、観光情報や日常雑記も発信しています。

お散歩もりの

アルパインスターズのレーシングブーツ

動画の続きです。Alpinestarsのレーシングブーツ「SMX PLUS V2」を購入しました。最初は予算の都合上、中古品を狙ってアップガレージに入店していましたが、トイレを探しにナップス店内に入った時、飾られてたアルパインスターズに一目惚れをしてしまい、試着した後にそのまま購入してしまいました。

 

 


 

アルパインスターズとは?

星マークでお馴染み、イタリアのレーシングスーツメーカーです。元々は登山靴を扱うメーカーで、直訳すると「アルプスに咲く花」となるみたいです。現在はモータースポーツの総合アパレルメーカーとなり、MotoGPを始め様々な有名ライダーがアルパインスターズの製品を着用しています(加藤大治郎、ニッキー・ヘイデン、マルク・マルケス他)。

 

 

サイズについて

このブーツのサイズはEUR規格で40です。日本のサイズでは25.5cmとなります。僕の足のサイズは24.5cmなのに、何故かブーツの中は全然余裕がありません。かといってきつい感じではなく、吸い付くようにフィットしてるのが心地良い感じがします。日本人の足の幅とヨーロッパは少し違うらしく、普段履きの+0.5cm~1.0cmがオススメなのだとか(通販などで表記サイズのまま購入してしまうと小さくて入らないといった事態になるみたいです)。

 

 

注意点について

特に注意したいのがふくらはぎの部分です。ここに余裕がないとレーシングスーツが綺麗に収まってくれません。KOMINEのショートブーツではこの部分がぴっちりしていて、レーシングスーツの足首の付近が外に出てる状態でした。今回はF-ONE革ツナギが綺麗に収まってくれたのでホッとしています。とはいえ、SMX PLUS V2はビッグシャーリングを採用してるので、ふくらはぎがすごーく太い人以外は大丈夫だと思います。

 

 

さまざまな機能

なにやら多機能すぎてほへぇという感じです。ブーツの中に見慣れないコードがあって、それをキュッと締めることによってフィット感を向上させます。これをインナーブーティーというらしく、スポーツ走行中の正確な操作を助けてくれそうです。ヒールカウンターにもロゴが入ってたりと細かいデザインが好きです。トゥスライダーは交換可能みたいです。

 

 

購入した感想

猫に小判、豚に真珠、もりのにアルパインスターズ。当初は1万円~2万円でレーシングブーツの購入を考えていました。4万7000円という予算オーバーの買い物でしたが、20年は使うつもりで大切に履き続けたいと思います。このブーツでいっぱい練習します。人間とは欲深い生き物でアルパインスターズのレーシンググローブとレーシングスーツも欲しくなりました。いつの日か手に入れたいものです。そういえば動画を見返して気づいたのですが、僕の口癖は「なんかね」だと気づいてしまいました。  最後まで読んでくれてありがとうございました。

 

 

アルパインスターズ レーシングブーツ